note

nanoconote.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

新垣ぜんざい屋 ~沖縄旅行記⑮~

今帰仁城跡で石段を昇ったら、暑くてヘロヘロになってしまいました。
時計をみると、まだ14時前。予定にはなかった新垣ぜんざい屋へ行くことに。

c0058396_14561415.jpg


沖縄で「ぜんざい」といえば、このように甘く煮た金時豆の上にカキ氷がのっているもののこと。
老舗の新垣ぜんざい屋さんは、メニューはこれしかなくて、食券を買う機械には、1人前から20人前まで食券が買えるようになってます。20人前・・・ダレが買うの?

改装された店内は小奇麗な感じで、改装後は200円→250円に値上げされたみたいだけど、それでも十分安いと思います。

ふっくら煮た大きめの豆にだんなくんは苦戦していて、氷と煮豆の割合を間違えて食べてしまい後半は食べずらそうだったけど、私は最後までおいしーく食べられました☆

c0058396_1543494.jpg


  新垣ぜんざい屋

  国頭郡本部町渡久地11-2
  0980-47-4731
  13:00~18:00
  月曜定休
  駐車場なし
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-26 15:05 | 旅行

今帰仁城跡 ~沖縄旅行記⑭~

きしもと食堂でお腹を満たしたあとは、世界遺産の今帰仁城跡へ。

c0058396_14425198.jpg


駐車場近くでチケットを買って、すこし山道を登っていくと受付があって、そこから無数もの石が積まれた城壁に囲まれた城跡を辿っていきます。

よく調べなかったので、ベビーカーを持っていって大失敗。
受付で預かってもらい、チビ太は歩いてもらいました。

石段を登りつめて、本丸跡からは今帰仁の集落と東シナ海が一望できます。

c0058396_1452628.jpg

[PR]
by nanoco_note | 2008-06-26 14:52 | 旅行

きしもと食堂 ~沖縄旅行記⑬~

〇のついた数字、20までしかないのに、終わるのか心配になってきた・・・。

さて、3日目のランチは沖縄そばを食べに行こう!
ということで、有名店のきしもと食堂へ行くことにしました。
でも、本店は駐車場がないとのことだったので、新しくできた八重岳店へ。

近くにある、人気店「山原そば」は、路上駐車の列ができるほど混雑。
きしもと食堂大丈夫かな?と心配したけど、けっこう広いので、食券を買うのに並んだけどすんなり席に着くことができました。

c0058396_14143434.jpg


メニューはソーキそばの(小)(大)(特大)と、100杯限定のじゅーしーのみ。
写真は、じゅーしーとそば(大)です。
(大)といっても、普通サイズ。

今までに食べたことがある沖縄そばってスープが透き通るほど薄いってイメージだったけど、こちらはけっこう味もしっかりしてて、ちょっと濃い目でした。ソーキはちょっと固めだったのが、私はちょっと残念でした。

限定のじゅーしーは、チビ太がほとんど食べちゃったけど、おいしかったです。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-24 14:18 | 旅行

オリオンビール名護工場 工場見学 ~沖縄旅行記⑫~

古宇利島を後にして、向かうはオリオンビールの工場見学。
ここは、だんなくんのたっての希望。

車で向かっている途中、ガイドブックをよーく読むと、要予約!!
しかもよく考えたら日曜日だし・・・やってるのか!?と思いつつ慌てて電話。

すると、生産ラインはお休みだけど工場見学はやっていて、午前中最後のツアーが予約できました。セーフ!ついてるじゃん!

オリオンビールの名前の由来や、ビールの材料や過程などお姉さんの説明を受けながら30分くらいかなぁ?工場見学をして、最後はお待ちかねのビールの試飲!

c0058396_1441436.jpg


私は運転手のためチビ太とソフトドリンク・・・。
だんなくんはこのグラスの生ビールを2杯も飲みました!
我慢できない私は2口だけ飲ませてもらいましたが、やっぱうまいー!

工場見学は無料。
ビール好きの方はぜひ!!
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-24 14:07 | 旅行

古宇利島・古宇利大橋 ~沖縄旅行記⑪~

3日目は朝からとても良い天気。でも、天気予報では、降水確率90%。雨が降る前に青い海が見たくて、古宇利島を目指して出発しました。

古宇利島には、2005年2月に完成した、無料の一般道としては日本一の1960mの古宇利大橋が架かっていて、橋の上からの海はとてもとてもきれいです。

まずは、橋を渡る手前に駐車場があるので、そこで車を停めてちょっと散歩。



c0058396_1624742.jpg



お天気がよかったこともあり、すごく海がきれいでした。
橋の上からの海は、まさに南国の海の色!
橋の上に車を停めて、海を眺めている人がいましたが、気持ちはわかるけど、それは迷惑なのでやめてほしい。駐車場に車を停めて、歩いて橋を渡りましょう(大変だけど)。

古宇利島に渡ったあとは、1周ぐるっと島をドライブ。
10分くらいで1周できます。なーんもないです。

リゾート開発の計画が持ち上がっているのか、「リゾート反対!」の立て札を見かけました。
すごくキレイで静かなところだから、そういう計画が持ち上がるのもわかるけど、住民としては切なる願いなんでしょうね。

今度は、ゆっくり海水浴に来たいと思えるようなところでした。
ビーチは橋を渡ってすぐのところにあります。
ただ、シャワーが少ないそうです。


c0058396_16331533.jpg
※写真をクリックすると大きくなります。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-19 08:47 | 旅行

3日目朝食 ~沖縄旅行記⑩~

3日目の朝は、ウインナーを取りに行ったら、卵をお好きなように調理しますよと言われたので、オムレツにしてもらうことに。

c0058396_1519589.jpg


オムレツの具は、あおさ、トマト、ベーコン、・・・あとひとつなんだったっけ?忘れちゃった。
あおさ入りのオムレツ、はじめて食べたけど、おいしかったです。あおさっておみそ汁もおいしくなるし、万能選手だわ。

炒め物でおいしかったのは、パパイヤイリチーと千切りイリチー。
イリチーっていうのは、炒め煮のことだそうです。
青いパパイヤ、フルーツとして食べるよりすきかも。スーパーで野菜として売ればいいのに。

毎朝、シークワーサージュースとグアバジュースを飲んでました。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-17 15:27 | 旅行

2日目夕食 ~沖縄旅行記⑨~


2日目も1日目と同じ食事内容だったら、どうしようなんて心配をしていましたが、ちゃんと違うメニューでした。



c0058396_15573740.jpg

 ※写真をクリックすると、ちょっと大きくなります。

    ☆お刺身にごま味噌っぽいソースがかかったもの
    ☆ヘチマの酢の物
    ☆ミミガー
    ☆にんじんしりしり~(朝ごはんの残りじゃないでしょうね?)
    ☆ラフテー入り煮物
    ☆ゆし豆腐
    ☆紅いものグラタン
    ☆グルクンの天ぷら    など。

この日は、グアバジュース、シークワーサージュースなどもたらふく飲みました。

特にグルクンの天ぷらは美味でした。
やっぱり沖縄はお魚おいしいです。

で、食事が済んでもデザートが運ばれてきません。
今日はデザートなし?ま、いっか。と部屋へ帰ろうとすると、ウエイトレスさんが後ろから追いかけてきて、「ごめんなさい、デザート出し忘れました」って。

こういうとき、アナタなら「デザートまだですか?」って聞きますか?
我が家のメンバーは忘れてるならそれでいいや・・・って思うのですが・・・。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-16 16:06 | 旅行

首里城公園 ~沖縄旅行記⑧~

2日目最後の観光地は、だんなくん希望の首里城公園。

細かく見ていくと3時間はかかるようですが、主要なポイントだけささっと見学。
雨はあがったけど、非常に蒸し暑くちょっと歩くだけでバテました。


c0058396_15355450.jpg
まずは守礼門。
団体さんのバスガイドさんの話によると、沖縄戦で消失したり、白アリに食われたり、なんだかんだでかなり修復されたというか、復元されているそうです。


c0058396_1542129.jpg


歓会門


こちらのルートは階段があるので、ベビーカーはスロープのルートを行きましょう。
間違えて、階段ルートを行ってしまい、汗だくになりました。
ま、でもこちらのほうが主要ルートなので、観光はこちらのほうができるのかな。

首里城に入る手前(チケットブース)からは、ほぼバリアフリーなので、ベビーカーでも大丈夫。


c0058396_1546281.jpg


首里城です。
こちらも沖縄戦で消失しているので、完全に復元されたというもの。
お城といっても、やはり日本の一般的なお城とは、外見も中身もちょっと違います。

靴を脱いで見学するんだけど、なぜかベビーカーはそのまま入れました。なぜ?
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-16 15:49 | 旅行

斎場御嶽 ~沖縄旅行記⑦~

ひめゆりの塔の次に向かったのは、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁーうたき)です。

c0058396_1691974.jpg


自分自身、いまだ理解できてない部分が多いので、細かい説明は↑にリンクしたWikipediaを参考にしてください。琉球最高の聖地だそうです。

山の中にあって、とても足場が悪く雨あがりだったので、さらに滑りやすいという状況。
お天気のせいもあり、かなり薄暗い状況で山の中を歩くのは、神秘的というより、なんだか・・・。

c0058396_16191047.jpg


ここが有名なポイント、三庫理(さんぐーい)。この岩をくぐった奥から、久高島を海のむこうに見ることができますが、写真は暗すぎてよくわからないので、載せませんでした。

無料でガイドを頼むことができて、他の観光客に説明していたおじさんの話では、霊感の強い人は三庫理まで行かなくてもガンガン「なにか」を感じるそうですが、私にはサッパリでした。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-13 16:23 | 旅行

ひめゆりの塔 ~沖縄旅行記⑥~

琉球ガラス村の次に向かったのは、ひめゆりの塔。
実は、私行きたくなかったんです。
でも、だんなくんの計画にはしっかり入っていて、入り口で献花用の花束も買って手を合わせに行きました。

写真を撮るのは、なんだか申し訳ない気がして、1枚も撮りませんでした。

奥には資料館があって、見学するつもりは全然なかったんだけど、後ろから団体の観光客がどんどん来て流される形で入場してしまい、見学することに。

資料館の中は薄暗く、沖縄戦について、ひめゆり学徒隊について、遺留品の展示など様々ありましたが、チビ太がじっとしていられないので、サラっと見学。でも、逆にそれがよかったかも。ちょっとだけ、学徒のひとりの方の作文を読んだけど、ものすごく胸が苦しくなって、他の方のものは読めませんでした。

もう最後はため息しかでません・・・。

だんなくんは、パンフレットを買ったけど、私はそれに目を通すことができません。
目をそむけちゃいけないんだろうけど、ちょっとしばらくはダメだなぁ。
[PR]
by nanoco_note | 2008-06-13 16:07 | 旅行