note

nanoconote.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

陣痛って痛くない!?~お産記録②~

結局、前駆陣痛状態のまま朝を迎え、ソファーでゴロゴロ。10時頃から規則的な陣痛が始まる。5分間隔ではあるものの、あんまり痛くない。病院は家から40~50分もかかる距離なので、また行って帰らされるのもいやだな~と思い、様子を見ながらボチボチ家事をする。

12時が過ぎ、5分間隔になり2時間が過ぎようとした。だんなくんを起こし、病院へ行くための準備。でも、食べられるときに食べておこうと食事を作ってふたりで食べる。

13時すぎ、病院着。この日は診察までの時間がスムーズだった。子宮口は4センチ開いていたが、やはりまだ陣痛が弱い。もう少しだと思うので、また2時間歩いてくるよう指示。今回は、子宮口が開くように一生懸命病院の中を歩いた。陣痛は少しだけ強くなったが、子宮口は4センチのまま変化なし。「今日も帰るのかな~、5分間隔の陣痛はきているし、次に病院へ連絡するタイミングがわからんな~」と思っていると、医師から「ホントにホントにあとちょっとだと思う。家が遠いから、行ってすぐ帰ってくるってことも考えられるし、もうあと2時間、病院で過ごして、夕飯でも食べてきなさい」と言われる。病院のカフェテリアで食事をしていると、陣痛がだんだん強くなってきているのがわかった。

祈るような気持ちでまた診察。子宮口は5センチに開いており、入院の運びとなる!やった!
「大きい部屋を用意したよ~」と通された部屋はVIPルーム?ってくらい広かった。シャワーもトイレも部屋についているし、こりゃ快適!お産が終わったら記念撮影しようと思う。

部屋に入ると、早速点滴につながれ、NST装着。軽い問診のあと、無痛分娩希望と伝えると、麻酔科のナースがやってきて、麻酔についての説明をされる。同意書にサインをしたら、麻酔科医がやってきて、硬膜外麻酔実施。ベッドの端に座り、だんなくんに抱きつくように背中を丸める。局所麻酔の注射をし、腰椎にルートを留置。ガマンできないほどじゃないが、やっぱ痛い。

しかし、麻酔が効き始めると、アラ不思議。陣痛が消滅。お腹の張りは感じるものの、痛みは全くなし。下半身がしびれているが、足を曲げたり、動かしたりはなんとかできる。麻酔が入るともう歩けないため尿道カテ留置。これも全く痛みなし。無痛分娩といっても、陣痛の痛みの8割程度しか除去できないと説明を受けたが、私の場合は一切痛みはなかった。

日付が変わり、しばらく経ったあと、なんだか体の右側だけ陣痛を感じるようになった。痛い・・・いてて・・・。ナースに伝えるも、なにもしてくれないので我慢するしかないのか?と思っていると、非常に強い痛みがやってきた。うーーーん・・・とうなっていると、いきなり、「ひじと膝をベッドにつけて、四つん這いになって!」と言われる。わけのわからぬまま、四つん這いになっていると、酸素マスクをつけられ、「え?この体勢でいきむの?」と思ってたら、バタバタといろんな人が病室に入ってきて、「赤ちゃんの心拍が下がっているので、緊急帝王切開になるかもしれないから、これから手術室へ行きます!」と言われ、ベッドごと運ばれる。

ベッドの枕しか見えない状態で手術室へ運ばれる私・・・。
果たして、なにが起きたんだろうか。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-28 04:39 | 独語

それは出血からはじまった~お産記録①~

7月23日(日)が予定日で、22日(土)にママが到着することになっていた。
私としては、お産後に少しでも長くママに滞在していて欲しかったので、その週の水曜日か木曜日までに産まれてくれたら、いいな~と漠然と考えていた。でも、初産だし、遅れることのほうが多いと思うから、そううまくはいかないだろうと思ってた。月曜には友達とランチの約束をして、「明日以降、検診以外は予定を入れてないから、今晩にも陣痛がきてもいい」なんて話していた。

7月19日(水)深夜2時過ぎにトイレで出血しているのを確認。ちょうど生理のはじまりくらいな量で、色は鮮血。これがいわゆる「おしるし」ってやつ?思わず「あっ!!」と声がでる。だんなくんもその声を聞きつけ、トイレへ。でも、陣痛はまだ始まってないし、とりあえずまた寝床に戻る。しかし、不規則で弱い陣痛がきて気になって眠れなくなる。結局、朝まで陣痛は弱いのがきたり、消えたりの前駆陣痛状態であった。

だんなくんを会社に送り出し、9時過ぎに病院の日本語ラインへ電話。内容を伝え、折り返し電話がくるのを待つが、結局かかってきたのは2時間半後だった・・・。トイレへ行くたびに出血があることを伝えると、出産する大学病院のほうへ行くよう指示を受け、だんなくんには会社から戻ってきてもらう。

13時過ぎ、やっと診察。なんだかんだで2時間ほどかかり、子宮口が3センチ開いているし、お産のはじまり。だけど、まだ入院する段階じゃないので、2時間ほど散歩してくるようにといわれる。病院の近くのマックでお昼をとり、あまり歩かないまま病院へ戻る。

結局、子宮口は3センチのままだし、陣痛もついてはきているけど、まだ弱いので、12時間くらいかかりそうと。今晩は家に帰ることになり、5分間間隔の陣痛が2時間続いたら連絡するように言われる。

しかし、結局陣痛は規則的にはならず、20日の朝を迎えることとなる。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-26 10:15 | 独語

産まれました

c0058396_773365.jpg
7月21日(金)午前5時44分、2430gの男の子を出産しました。無痛分娩で、もうあと一息のところで、いきんでもいきんでもベビちゃんが降りてこず、緊急帝王切開に・・・。39週5日目のベビにしては小さめ、ミルクも飲みたがらない・・・とNICUに入るかも?とか一緒に退院できないかも?なんて言われましたが、無事、予定通り2泊3日で退院してきました。

たくさんミルクを飲ませるようにというプレッシャーをかけられてますが、子どもひとりひとり大きさが違えば、成長の過程も異なると思うので、この子のペースに合わせて焦らずやっていこうと思います。

このブログは、今後も私の生活記録として続けていきます。育児日記になることはありませんが、きっと時々この我が家のニューフェイスくんも登場するので、よろしくお願いしますね。ブログ上では、そうだな、「チビ太」とでも命名しようかしら。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-24 07:21 | 独語

日本からのお届けモノ

c0058396_944725.jpgとうとう今週土曜日にママが再渡米してきます。前回のたった4日の生活で、日本食のありがたみを痛感したママは、これからの1ヶ月「主婦」になるので、「用意できるものはしておかなくちゃ!」と思ったらしく、ベビちゃん用品とともに、乾物の食材を送ってきました。「きしめん」が3袋あるのが妙に笑えます。でも、1か月分にしては、なんだか少ない気がするのはご愛嬌。
我が家の主は、親から「なにか送ろうか?」と言われても、「大丈夫、お金だせば買えるから」と言う人。親だけでなく、人に頼るのがキライみたい。だから、食材を送ってもらうのも渡米してから今回がはじめて。久しぶりに、近所の日系スーパーには売ってない、日本食材を見ました。届いたその日に、手をだしたくなりましたが、ママが来るまではガマン、ガマン。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-20 09:13 | その他

White Peach

c0058396_8125435.jpg貧乏なのに、年間$45も支払ってCOSTCOの会員になった理由のひとつに、「この桃を食べたかった」というものがあります。
初めて、会員の人に連れてってもらったときに、「食べきれないから」と1つもらったこの桃。日本のおいしい桃と同じで、ジューシーで甘くて、感動したんです。でも、COSTCO以外のスーパーで見かける桃は、ほとんどが黄桃で、しかもあんまり美味しくない。そしたら、とうとうこの白桃の時期がやってきました。もちろん箱売りですが、迷わず購入。そして、本当に美味しい!!非会員の友達が「是非買いたい」と言うので、昨日でかけてきたけど、売り切れ。やはり大人気のようです。私も、この桃の終わる時期までは切らさないようにしたいくらい大好きです。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-19 08:20 | 食事

韓流ブーム

c0058396_21402153.jpgミシガンもかなり暑くなってきました。本格的な夏がやってきたようです。けっこう蒸し暑いし、外に出るのが億劫になります。そんな中、辛いものが私を呼んでいるのです。この1週間で3回も韓国料理を食べに行きました。一番のお気に入りはこのチゲ。「スンドゥブ チゲ」です。魚貝の辛いスープに崩した豆腐と落とし卵が入ってます。これが、辛いんだけど、辛すぎず、魚貝のだしがきいてて、とーっても美味しいんです。ごはんを入れて食べてもうまい!

韓国料理を食べに行くと、ナムルやキムチ、茎わかめ、ポテトサラダなど4~5品サービスで出てきます。しかも、おかわり自由。これも魅力。

お店の人から、「すごく辛いよ~」と言われた、イカと野菜の炒め物。これも美味。素麺が添えてある。食べきれなくて持って帰って翌日、自分で素麺をゆでて入れてみたけど、なんか違った・・・。韓国の素麺と日本の素麺って違うのかな?

c0058396_21512666.jpgc0058396_21522622.jpg
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-17 21:59 | 食事

Cars

c0058396_6533218.jpg
観てきました、ディズニー×ピクサーの「Cars」。ピクサーの作品は好きです。子どもだけじゃなく、大人も十分楽しめる内容だと思うので。CGもさらに高度というか、色が鮮やかになった印象。

途中ウトウトと眠くなってしまったのですが、後半は楽しみましたよ。
だんなくんは、「なんかちょっと説教くさいのがいやだな」と言ってましたが・・・。
個人的には「Nemo」のが好きだけど、やっぱりピクサー、ちょっとホロリとさせてくれました。

映画のお供には・・・とポップコーンを買いました。今回はSサイズ。料金表を見てみると、どのサイズでもおかわり均一50㌣の表示がっ。さ、さすがです。笑
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-14 07:02 | 映画

Grand Haven

遊園地のあとは、南に下って、State ParkであるGrand Havenに向かいました。

c0058396_529273.jpg
c0058396_5313937.jpg









この赤いライトハウスがグランドヘブンの名物。
砂浜は歩きにくいので、水際の砂が硬くなっているところをテクテクあるいて灯台を見にいきました。灯台に登ったりすることはできません。

c0058396_537717.jpgc0058396_5374844.jpg








まるで海のようなミシガン湖。
水着は持って行かなかったので(てか、着れないしね)、足だけ遊泳。
最初は冷たかったけど、慣れればキモチよい。とーっても広いビーチなので、大勢の人が遊んでましたが、日本の「イモ洗い状態」はありません。ここなら、こんな私でも水着になれるかも!?

c0058396_5425741.jpg
鴨の親子も仲良く遊泳中。でも親だけ、けっこう離れて泳いでて、見物人は、子どもたちの心配をするのでした。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-13 05:44 | 旅行

Michigan's Adventure

旅行3日目は、Muskegonにある遊園地、「Michigan's Adventure」へ。ショボイ遊園地を期待して行ったら、けっこう立派で驚きました。ミシガンにもこんな遊園地があるんだ!と。地元の人しかわからないかもしれないけど、「長島スパーランド」級で、プールと遊園地の抱き合わせって感じ。

c0058396_2102212.jpg一日乗り放題券で大人ひとり$24ですが、アトラクションによっては、オプション料金を払います。まず、私たちが向かったのは、一人$3のパターゴルフ。これがなかなかおもしろいコースで、ミニ池越えありーの、ワープありーの。ゴルフは苦手なだんなくんも、パターゴルフはなかなかの腕前。ってこれゴルフといっしょにしちゃいけないかな。笑




c0058396_215232.jpgその後はなにか乗れるものはないかな~と遊園地の中を散歩。かなり立派な木製コースターがあったけど、さすがに無理よね~と言いながら・・・。で、写真手前のスワンボートに乗ろうかなって思ったけど、これまた「妊婦お断り」でした。残念。



c0058396_2182132.jpgそして、コレが一番乗ってみたかったアトラクション。一味ちがった急流くだりとでも言いましょうか。円形なので、くるくる回って、運が悪ければびしょぬれになります。全くぬれない人もいれば、びしょぬれの人もいる・・・おもしろいではないですか!この写真は、家族連れで、お父さんだけびしょぬれ。「Oh~No~!!」という叫び声だけむなしく響いてました。

結局、乗れたのは遊園地内を走る汽車のみ。
観覧車に乗ろうかと思ったら、いきなりぐるぐると高速回転する観覧車・・・。
これも無理。
ジェットコースター大好きなので、とっても楽しげな遊園地でしたが、今回はちょっと見学しただけで終わってしまいました。もしも、来年まだここにいたら、リベンジしたいです。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-12 02:28 | 旅行

Muskegonの夕べ

c0058396_4375118.gifシカゴの化学産業博物館をミシガン時間で17時過ぎに出発。向かうは、ミシガン湖のほとり、Muskegonという町です。このあたりは、「ミシガンウエストコースト」と呼ばれる一帯で、Grand Rapidsというけっこう大きめの街を中心に、5月にはチューリップ祭で有名なHolland(オランダ村)や、翌日遊びに行った、Grand Havenなどがあります。(地図はミツワからMuskegonまでの概要)

本当は、Grand Havenに宿泊したかったのですが、お宿がなく、すこし北のMuskegonを選びました。全く予備知識なしに・・・。到着したのは、20時過ぎ。でも、こちらは夏時間。20時を過ぎていても周囲はまだまだ明るい!Muskegon Lakeのほとりでは、移動遊園地がきていて、なにやらイベントを開催中でした。


腹ごしらえ~に周囲をドライブ。日本人はおろか、アジア人もみかけないちょっとディープな田舎町。中華屋さんさえ見当たりません。チェーン店のアメリカン・メキシカン「Chili's」を見つけるも、「行ったことあるからイヤ~」というだんなくん。「フンっ、この際贅沢言ってられないじゃないよ」と言いながらも、「American Grill」の看板を見つけて、ここにしよ~と入店。
c0058396_454772.jpgc0058396_4542613.jpg








左:ステーキとスタッフドシュリンプのプレート。サイドディッシュはシーザーサラダとマッシュポテト(私)
右:シシカバブとチキンブレスト、エビフライのプレート。サイドディッシュはコールスローとフレンチフライ(だんなくん)

日本人は珍しいようで、お店のおじさんに、「君たち、日本人?○○○って映画しってる?あれはいい映画だよね」と話しかけられる。しかし、肝心の映画のタイトル、聞き取れなかった・・・。

結局、食後は移動遊園地に行くこともなく、ホテルでマッタリしたのでした。
[PR]
by nanoco_note | 2006-07-11 05:00 | 旅行