note

nanoconote.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2005年を振り返る

昨日、ニューヨークより帰ってまいりました。ただいま。
気づけば、今日は31日。日本時間では、もうすぐ年明けです。
特にこちらにいると「正月ムード」もありませんが、年末なので、今年を振り返ってみようと思います。

2005年は、私の中では色々な変化のあった年でした。結婚もしたし、7年働いていた仕事も辞めました。そして7月には渡米。「あっという間」の1年でした。でもたった1年で、ここまで変わるのかってくらい状況は変わったと思います。幸い、大きなホームシックもなくアメリカでお気楽に暮らしています。

来年は、「もっと英語が上達する努力をする」のと、「ぐうたらしない」を目標にがんばります。笑

ブログやmixiを通じて、仲良くさせてもらったみなさん、そして昔っから仲良くしてくれてるみんな、お付き合いどうもありがとう。そして、2006年もどうぞよろしくね。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-31 23:36 | 独語

いってきまーす

ストライキも終わったようで、ホッって感じです。
今日からクリスマスホリデーですね。
空港がすごい勢いで混みそうなので、スリに注意!
ニューヨークはJFK空港ではないので、少し安心。
お天気は、イマイチみたいですが、はじめてのニューヨーク、いただいた情報をたよりに、楽しんでこようと思います。

それでは、みなさんしばらくの間ドロン(死語)します。
ごきげんよう♪

Happy holidays!!!
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-23 21:18 | 旅行

やばーい

c0058396_934160.jpgちょっとー、奥さん知ってました?ニューヨーク、ストライキで地下鉄もバスも止まっちゃってるんですってよー!うーん、マズイ。確実にマズイ。タクシーは動いてるみたいだけど、ほぼ「乗り合い」って・・・。こんな時期に・・・・いやこんな時期だからなんだろうけど、えーん。早く復旧してくださいよー、まじで。で、ドサクサにまぎれて、ブーツを買いました。絨毯のベージュと同化しちゃって、わかりにくいけど、ボアがついてて暖かいんです。これで歩きまくるしかないかなー?ぐすん。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-22 09:38 | 旅行

緊急大募集

突然ですが、金曜(23日)から、8日間ほどニューヨークに行くことになりました。
そこで、ニューヨーク初心者の私たちにいい知恵をお借りできないかと思い、この場を使って緊急大募集をします。

絶対、あそこは押さえておけ。とか
あの店は、はずせない。とか
あそこのレストランは美味しいよ(美味しかったよ)。とか

なんでもいいので、行ったことのある人も、ない人も情報お待ちしています!
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-20 22:15 | 旅行

飛び出す絵本

c0058396_840742.jpgだんなくんが3年前に留学していたときの、お土産としていただいた、飛び出す絵本。「The Night Before Christmas」です。彼は絵本が好きで、なにげに絵本を色々持っていたり、本屋さんで、絵本コーナーに立ち寄ったりします。絵本ってけっこういいお値段がするけど、よく「絵本で英語を勉強しなさい」って私に言ってます。そして、当の私は、かわいい絵だけを眺めて、癒されています。c0058396_8443413.jpg絵本って子どもむけだけど、大人でも十分楽しめる内容だし、ワクワクだってしちゃいます。特にこんな飛び出す絵本は、子どもになんか、見せられない!って思うんです。だって、くちゃくちゃにされそうで怖いんだもん。これは飛び出すだけじゃなくて、仕掛けもあります。それがまた、かわいいんだなぁ~。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-20 08:50 | その他

ペーパーナプキンホルダー

c0058396_850542.jpgアメリカでは、どこのおうちの食卓にもペーパーナプキンがあるようで、アメリカ人のおうちに行ったことはないけど、日本人のおうちにお邪魔しても、必ずと言っていいほど、ペーパーナプキンはテーブルに置いてあります。スタンドタイプのものが主流だけど、カゴに入れてる人もいたり、ペーパーナプキンの柄も種類豊富で、食卓を彩ります。
うちは、「ティッシュでいいじゃん」なんて色気のないことを言っていたのですが、ターゲット(またまた)でこのツリー型の缶を見つけて、「こういうのをペーパーホルダーにしてる人はいないな」と思い、設置してみました。c0058396_8542078.jpg一見、缶のツリーにしか見えないけど、中を開けてみると、ペーパーホルダー。これ、けっこう好評です。お菓子といっしょに「はい」ってテーブルに出すと、「なになに~、あっ 、ペーパーホルダーだ!」って感じで。ほこりも被らないし、清潔第一!ただ、あと残り何日しか置いておけないのが、悩みのタネ・・・。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-16 08:58 | 雑貨

Holiday Party

今夜から、大雪で、明日は学校が休みになるかもしれないので、急遽、前倒しで今日クリスマスパーティーがありました。
c0058396_80677.jpgまず、教室に集合して、「来年の抱負」を書く。
5つの誓いと、2つの願い事、そして今年最もよかった出来事と、悪かった出来事を書いた。
その後、お楽しみのプレゼント交換。円になって座って、ジェニ子が読む「rightさん」夫婦の出来事に合わせて、プレゼントを右や左へ渡していく。2回それを読んだ後に、プレゼント開封。私がもらったのは、コレ。うちのクラスでは、5ドル以内のオーナメントと指定があったので、プレゼントも選びやすかったです。うちはツリーがないけど、どこかに、このかわいいサンタさんをぶら下げようと思います。
クラスみんなでお金を出し合って、ジェニ子に100ドル分のターゲット・ギフトカードを贈りました。泣いて喜んでくれて、「鬼の目にも涙だね」wなんて言ってしまいましたが、贈り物をして、喜んでくれる顔をみるっていうのは、いいもんですね。
で、その後は場所をちょっと移動して、3クラス合同で軽くブランチ。私は、うちでは食べないフルーチェを作っていったのですが、日本人しか手を出してくれませんでした。そして、明日もし大雪で学校が休みになったら、緊急連絡網がまわってくることになっているのですが、私がかける相手がメキシコ人の同い年男子。私の英語が通じるのか・・・。「Today is no school」を練習します・・・。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-15 08:09 | その他

ダイヤモンド婚

とてもお世話になった、衣装屋さんの担当さんにクリスマスカードを送ろうと思って、HPを見ていたら、ダイヤモンド婚のカップルのトピックを見つけました。(画面を下へスクロールしてね)

ダイヤモンド婚とは、金婚式(50周年)のさらに上で、結婚60周年のお祝いだそうです。(はじめて知りました)写真のおじいちゃん・おばあちゃんは、60周年とは思えないほど、若々しくて、かわいらしいです。これを見て、決めました。私もダイヤモンド婚でもう一度ウエディングドレスを着ます!笑 ってそのときは、87才・・・・。うーん、生きているかが、アヤシイ・・・・。笑
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-14 07:40 | 独語

1周年

12月12日12時に入籍をしてから、1年が経ちました。

私たちはビザ申請の関係で、結婚式の前に入籍をしたのですが、日にちには、なんのこだわりもありませんでした。本当ならその1週間前に入籍する予定だったのですが、だんなくんの不手際により、1週間ズレた。ただ、それだけの理由なんです。

思えば、去年の今頃は、ほぼ毎週、名古屋ー東京を往復し、結婚式の準備に大わらわでした。お互いの両親への挨拶なしに入籍。という周りから心配される始末だったのを思い出します。(笑)

たまたま、受理された時刻も12時ちょうどで、役所のおじさんが妙なテンションでした。でも、当の本人たちは、ぼーっとしていて、「なんだ、元気ないね?」みたいなことを言われたような気がします。

入籍ってもっと感動的な作業かと思ったけど、ほんとただ紙切れ数枚の事務作業で、あっけないなぁと思いました。結婚式と入籍日が違うカップルってけっこう多いと思うけど、どっちを「結婚記念日」にしているのかな?
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-13 02:12 | 独語

やさしいアメリカ人

基本的に、アメリカ人は人助け精神が日本人より、旺盛だと思う。

うちの玄関のポーチは、隣とその隣の3軒共同ポーチになっている。で、階段が7段くらいあって、それを降りると、歩道に出られる。

今朝、ESLに行こうと玄関を出ると、2軒隣が引越ししてた。家の前に巨大なトラックが停まっていて、トラックの側面の入り口ドアと玄関のポーチに橋がかかっていた。いちいち階段を上り下りせずとも荷物が運べるように。ということで、階段は使用不能。私はどこから、降りればいいのか・・・・・。

徒歩で移動するのは、スクールバスのバス停に向かう、子どもくらい。大人は車で移動するため、ガレージから出入りする。時間帯から考えて、玄関からの出入りはほぼ、ない。

で、ウロウロしてたら、トラックからおじさんが出てきて、橋を渡れと言う。コッチコッチって手招き。ゆっくり橋を渡って、歩道の上まで行くと、おじさんが、橋を降りるも、私が行きたい方向と反対だったので、「I want to go to over there」って、あってるかあってないのかわからん英語で言うと、理解してくれて、また橋によじ登って、反対側へ降りてくれ、「おいで」と言わんばかりに両手を広げて待っている。

えーーい☆

とおじさんの胸にとびこむ私。

さすが引越し業者。この重い私を受け止め、地面におろしてくれた。
かっちょいいんですけどー☆ちょっと興奮気味にお礼を言ったら、ニカって笑顔。
「You're welcome!」といって、またトラックに戻っていきました。

で、3時間授業を受けて、帰ってきたら、まだ引越ししてる・・・。
橋の前でまたおじさんに発見され、「もっかい助けるよ~」なんて言って、橋から手を伸ばしてくれたけど、ややタイトめの長めスカートをはいてた私は足が開かず・・・。おじさんが橋を隅っこに寄せてくれて、なんとか階段を登り、玄関にたどりつきました。

ちゃんと目を見て、お礼を言えて、よかったよかったと思う、私でした。
[PR]
by nanoco_note | 2005-12-09 07:39 | 独語