note

nanoconote.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

どん!どん!どん!

c0058396_16194565.jpg

みそかつ丼。 あんまり好きじゃない。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-28 16:19 | 食事

ベトナム旅行記4

4日目。
少しずつ体調が戻ってきている。
前日、作成したメモを片手に国営百貨店に。その中のスーパーマーケットでおみやげになりそうな、インスタントのフォーやベトナムコーヒー、お菓子をカゴに放り込む。現地通貨ドンはゼロの数が多すぎて、いまいち値段がわかりにくい。とにかく余ってもいいやと多めに商品を調達し、一旦ホテルへ荷物を置きにいく。

そして、ホテルから見えるリバー。サイゴン川に行ってみる。貨物船が停まっていてかなり大きい川。そして、近づくにつれそれが巨大なドブ川だと気づく。くさい・・・・・。
観光船らしきものも見えるが、どこから乗るのかさえわからない。2枚くらい写真を撮って移動。

その後、ドンコイ通りへ。「KITO」と「emem」をはしごするが、値段チェックだけして、シェラトンにトイレ&休憩にいく。ランチはシェラトンの向かいにあるフレンチレストランへ。表に書かれていたランチメニューを注文するつもりが、店内にそのメニューの表示がなく、仕方なくわかる範囲の英語で書かれたスープとパスタを注文。おいしいが、量が多く食べきれず半分くらいでギブアップ。きむさんはBBQを注文したら、えびの串刺しがきて凹んでいた。

その後、もっかい雑貨屋めぐりをし、「KITO」でバッグを購入。色違いで2つ買ってママとおそろいにする。きむさんもママにトートを買い、友達に配るタバコを買う。
「emem」では、サンダルとブタさんの小物入れを買い、国営百貨店にまた行って、「tim!」でTシャツを買う。きむさんは、ホーチミンTシャツを10枚購入。値段は1枚2ドル。激安。
荷物だらけになりながら、部屋に帰る。そして気づく

「写真、ぜんぜん撮ってないじゃん」

あらら。そりゃそうよね。1日目の市内観光から観光らしい観光してないんだもの。
買い物ばっかりしているんだもん。写真撮るとこもないわな。
というわけで、ホテルのエントランスに置いてあるシクロの前で記念撮影。
夕食はドイツ料理屋さんへ。
お客さんは欧米の人が多く、みんなドイツビールを飲んでいる。きむさんはでかい肉をもしゃもしゃ食べ、私はフランクフルトソーセージを1本食べた。でかい。もう1本はきむさんにおすそわけ。恐るべし、胃下垂。

そして、最後の夜ということでホテルのバーへ。
こういうとき、なぜかきむさんは意味のわからん名前の飲み物を注文する。そして失敗している。むせたりしている。でも、いつでもそうなのだ。彼はへんななまえの飲み物を飲んでみたいと思う人なのだ。運ばれてきてそれが、ショットだったりするのに、いつもめげない。
私はストロベリースムージーを注文。こちらはおいしかったです。

酔っ払いのきむさんは早々に就寝。
私はおみやげメモを見直し、最終日のお買い物計画を立てながら眠る。
4日目終了。

c0058396_1536554.jpgc0058396_15361736.jpgc0058396_15362685.jpg
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-28 16:01 | 旅行

BGM 2

c0058396_012723.jpg

ケーキカットで使用しました。
オリジナルバージョンを。
旅行記かいてたんじゃないの?って感じですけど、スーパーカー解散したの知らなかったんです。思わず、書かなきゃってね。
ミキチャンの声すきなんだけどな~。

解散はちょっと残念。
ライブは1回だけ。あとはフジロックでみました。
感想としては、「学園祭か?」って感じなんですけど、スーパーカーすきです。
同世代だしね。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-27 00:05 | 音楽

ベトナム旅行記3

3日目。
私の症状はおさまらないが、きむさんは元気。
朝食は紅茶にはちみつを入れて飲む。目の前ではおいしそうにフォーを食べる夫。

今日はホーチミン最大のショッピングストリートである「ドンコイ通り」へ行こうとホテルを出発。
とにかくバイクの多さに朝から圧倒され、信号のない大きな通りを左右よく確認しながら横断。
命がけで横断歩道を渡ることに、例えようのない地味な笑いがこみ上げる。
と、きむさんが交差点でガイドブックを広げていると、バイクタクシーのおじさんに声を掛けられる。
おじさん 「お兄さんどこからきたの?日本人?いつきたの?どこから?」
きむさん 「はあ。・・・・・きのう・・・・・・・・。」
おじさん 「そのガイドブックわたし載ってるよ。みせてよ。」
きむさん 「はあ。。もういいです。。。。」

もの凄く日本語がうまい。愛想もよい。でもあやしい。日本語のガイドブックを持っていてこちらに見せてくる。とにかく日本で買ったガイドブックにも、ブンさんにもらったチラシにも街中で声を掛けられても絶対に反応しないこと。無視するに限ると書いてあったので、逃げることにした。でも、おじさんはいつまでも追っかけてくる。

おじさん 「どこいくの?案内するよ。乗っけてくよ。ぼったくらないよ。」

とか言ってくる。「ぼったくらないよ」なんて言葉どこで覚えたんだよ。

角を3つも曲がったのに、いつまでも付いてくる。ホテルに戻ればホテルがバレてしまうし、へたに「○○にいきたい」といっても相手の思う壺。30度近い気温といまだ治まらぬ腹部症状を抱え、ガマンも限界に。

わたし 「もう!いいですから、付いてこないでください!!!!!!」

おじさんのことを振り返らず、一心不乱に前だけをむいて歩く。しばらく歩く。振り返る。もうおじさんはいなかった。

ふぅ~。一息つきたいところだが、また角を曲がったらおじさんが前方からやってきそうなトラウマに襲われる。しかし、もう本当におじさんは付いてこなかった。ちょっと安心したらお腹が痛くなってきたので、シェラトン・サイゴンへ行ってみる。さすが高級ホテル。エントランスにはアオザイを着たべっぴんさんがいて、ドアガールをしている。2階へあがり、トイレを済ませ、ふかふかソファーでしばし休憩。調子悪い。この旅行でこのあともしばしトイレと涼みにだけシェラトンを利用する。

ランチはここのカフェでビュッフェをする。
ものすごく豪華!!めっちゃおいしそう!!デザート種類豊富!!
お肉を思わずお皿に乗せると・・・

きむさん 「そんなん食べていいの?」

かなり冷たい視線が・・。イタッ。
食べてる最中もにらまれる。でも、どうしても食べたかったんだもん。
でも、それ以上は食べられず、パンプキンスープをすする。
デザート全種類制覇したい気持ちだったけど、やっぱりそれも無理。クレームブリュレだけ食べる。涙がでそうにおいしかった。

その後は、ドンコイ通りでお目当ての「KITO」という雑貨屋さんを見に行き、一旦ホテルへ帰る。
きむさん昼寝。3時間ほど。
また夕方起きだし、国営百貨店へ。病院へのおみやげにお香のセットを購入する。
夕食はホテルでビュッフェ。お昼よりはすこし多く食べられる。

それにしても、どこへ行っても客引きばっかりだし、1本奥に入るとへんな臭いがするし、本当に異国に来たんだなあ。と実感する。そして日本人ってどんなふうに思われてるんだろうって考える。平和ボケボケしまくってるわ、私。

残すところあと2日ということで、おみやげメモを作成しつつ、就寝。
やばいな、ベトナム観光してないじゃーん・・・・むにゃむにゃ・・・
3日目終了。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-26 23:42 | 旅行

ベトナム旅行記2

c0058396_5153937.jpg2日目。
ホテルでビュッフェを食べ、本日のメインである(いや、この旅行のメインかも)市内観光へ出かける。またしてもバスとかではなく、乗用車である。
移動中はブンさんから説明をうけ、「日本人は狙われるから気をつけろ」と注意された。
①統一会堂
 南ベトナム時代の大統領官邸。突っ込んだ戦車がきれいな庭園の脇に鎮座している。観光客は8割が日本人だった。おじちゃん、おばちゃんが多い。
②歴史博物館
 ベトナムの国の歴史がわかるとこ。中国とつながりがあることをはじめて知る。
③サイゴン大教会
 フランス統治時代の建物。そこだけヨーロピアンな雰囲気。とてもきれいでした。
④中央郵便局
 ベトナムの郵便局は手紙を出すところと公衆電話。お金の出し入れはできません。ここもフランス時代のものなので、ヨーロピアンでした。でーんとホーチミンおじさんの肖像画が飾られています。
⑤民芸品買い物
 ツアーの一環。ベトナム戦争の枯葉剤の影響を受けた人たちが、働いている現場を見学。その後に賞品が陳列してある売り場へ。なにか買わなくてはいけない雰囲気に負け、お人形を5個購入。
⑥ランチ
 ザ・ベトナム料理って感じのごはん。生春巻きやバインセオ、フォーとどれもおいしかったです。氷に気をつけたほうがいいということだったので、氷なしオレンジジュースを二人とも注文。
⑦また買い物
 ホテル近くにある「ラッキープラザ」へ。日本人オーナーの店にいく。サンダル購入。すると、なんかおなかがグルグルしだす⇒でる。
⑧おやつ
 ファニーというアイスクリームメインのカフェへ。シクロ型のアイスとベトナムコーヒーをいただく。美味。
⑨ベンタイン市場
 ホーチミン最大の市場。ものすごい人と店の数。そして熱気と異臭。一瞬たりとも気が抜けず、客引きをかわすのに精一杯。どんどん気分が悪くなる。買い物なんかしている余裕はなくただ一心に「ホテルに帰りたい・・・」と願う。時間に余裕はあったが、14時なのに我慢できずに帰ることに。

部屋へ戻り、腹痛は治まらず、下痢も止まらない。正露丸をのみ横になる。
気づくと18時・・・。
きむさんは黙って観光ガイドを読みふけっていた。
起きぬけにトイレに駆け込み、やや復活。
夕闇の町へ出かける。
歩いて5分くらいのところに国営百貨店があり、入店。
その後、おなかが減るがどこへ行ったらいいかわからず、ロッテリアへ(かなり妥協)。
そしてホテルへ帰るも、満たされずホテルの日本食レストランへ。
そこで食事をしたのが間違いの元でした・・・・・・・・・・。

夜中に苦しくなり、食べたものを全て嘔吐。しかも下からも出る。
トイレとベッドをフラフラになりながら往復。
脱水になっちゃだめと思い、水を飲もうとするが、飲む気がおきない。
全て出しつくし、死んだように眠る。
2日目終了。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-26 05:16 | 旅行

ベトナム旅行記1

1月10日から15日までベトナムへ新婚旅行に行きました。
ベトナムに決めた理由は、
①飛行機に乗る時間が短い(7時間程度)
②旅費が安い、現地の物価も安い
③食べ物がおいしそう
④買い物が楽しそう               以上。
新婚旅行の行き先として、南の島かヨーロッパっていうのが私の中ではあったんだけど、タヒチもモルディブもヨーロッパも遠いし、高い。じゃあ、プーケットといったらホテルがとれないときた。(結果、地震があったのでどっちにしても行けなかった)
そこで、ベトナムに決定したのです。

1日目は17時フライトのJAL便でホーチミンへひとっとび。
機内では、映画(スウィングガールズ)を楽しみ、全員集合で笑い、ゲームをし、機内食を食べあっという間に到着。
最後の荷物チェックを終え、到着ゲートをくぐろうとすると
きむさん 「おい、なんだあの人だかり」
わたし  「え?」
到着ゲート前の柵には押すな押すなの人だかり。まるで海外の有名スターが到着するような賑わいぶりでした。すでに現地時間で23時を過ぎています。
しかし、ワイワイ、ガヤガヤ。タクシーの客引きもかわし歩いてゆくと、私たちの名前が書かれたプラカードを持つ、ガイドらしき男。
「あやしい・・・・」
ふたりして、そう思い。そしてこのツアーの客が私たちだけだと知る。
黒塗りの乗用車から、またまたあやしいドライバー登場。
「拉致?」
いやな予感がするものの、荷物を積み込み車に乗り込む。
きむさん 「やばくない?」
わたし  「このまま売り飛ばされたりして」
しかし、車は順調にホーチミン市内を潜り抜け、ホテルへ到着。
4つ星だけに、部屋もひろくてなかなかよかったです。
とにかく緊張したまま、ガイド・ブンさんの話をききようやく部屋へ。
がっつり疲れ、そのまま眠りました。
1日目はこのまま終了。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-26 04:30 | 旅行

冬の輪舞

昼ドラです。
今週は夜勤あけだったり、夕方からの勤務だったり、休みだったりするので、昼ドラの時間にバッチリおうちにいることができます。
このドラマ、むかーしやってたよね?リメイクよね?
この4日間見ただけなんだけど、ハマっちゃいそう。
すごいテンションの演技と展開のありえない感じがすごい。
「真珠夫人」のタワシのコロッケや「牡丹と薔薇」の牛革財布のステーキみたいな女性週刊誌がかぶりつきそうな小技はないけど、きっとあと1ヶ月、テレビにむかって「きゃあ」って言っちゃうんだろうな。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-24 17:59 | 映画

はあ。せつない。

ジョゼと虎と魚たち
/ 角川エンタテインメント

やっと見ました。
ノスタルジックな乳母車とおばあちゃん。
そして女の子に対してちょっといい加減なごく普通の大学生と足が悪く世間から隠れて暮らす女の子。
池脇千鶴がよかった~。
ちょいとでている出演者たちが豪華。荒川良々関西弁だし。
ジョゼの背中がだんだん力強くなっていくのが、複雑な感じがしました。
特典で池脇、妻夫木、監督の3人がコメントしながら本編を流していくってのがあるんだけど、妻夫木が、まあよくしゃべる。個人的にはもうちょっとシャイでいてほしいんだけどなあ。
エンドロールとくるりの「ハイウェイ」が流れるなか、涙がぽろぽろでちゃいました。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-24 16:15 | 映画

新居決定

1週間ぶりにだんなさんからメールがきました。
メールの返信がないので、友人Fくんに「アメリカだけに射殺でもされたんじゃない?」と脅かされ、Yくんには、「・・・こないだ・・・結婚式してなかったっけ?」と突っ込まれ、「このメールに返信がなければ、連絡がとれませんと会社に電話します」と送信したところ、あっさり返事がきました。
新居決定したそうです。どんなとこなのかわかりませんが。。。。ええ。
まだ引っ越しはしていないそうですが、私の意見も取り入れてくれたのか、最初の話からは少し安いとこに決めたみたいです。
いろいろ、見学に行ったそうですが、「どこも広くて、きれいだった」そうなので、楽しみ♪
おうちの画像が送られてきたらアップしたいなあ。
今日のところは「大雪だったよ~」の写真をのせときます。
寒そう・・・・・。
c0058396_3175497.jpg

[PR]
by nanoco_note | 2005-02-23 03:18 | 独語

BGM 1

c0058396_428685.jpg
披露宴のときに、最初の入場でこのアルバムの最後に入っている「Beautiful Days」を使用しました。イントロがすきです。
[PR]
by nanoco_note | 2005-02-21 04:34 | 音楽