note

nanoconote.exblog.jp
ブログトップ

ミシガン観光

土曜の朝、9時頃トイレに起きると、「オレ、今日でかけてくるわ。バーチラン(アウトレットモール)とかサマセット(でかいショッピングモール)とか」とだんなくん。なにわけのわからんことを言ってるんだとか思いながら、「あ、そ。行ってらっしゃい」と言い、またベッドへ。で、寝ていると「いまさ~研修の若い人が来てるって言ってたじゃん。来週帰るから、買い物とか行こうってことになって、ホントはSさんと3人で行くって言ってたんだけど、Sさんの奥さんも行くってことになったから、nanocoちゃんも行かない?」って言い出す。「なんでそういうことを前の晩に言えないかな~」って言い合って、「じゃあ、いいよ。私、うちにいる」って言ったら、「夜ごはんも食べにいくよ~」 いっしょに行こうってなんで言えないかな、コイツはっ。と思い、「何時集合なの?」って聞くと、「10時に迎えに来るって」ってああた、もう1時間前じゃない!!


大慌てで準備して出発。まずは、時々出没しているアウトレットへ。25歳の研修くん、彼女へのお土産を真剣に選んでおります。私は、「母の日」どうしたもんかと悩んでおりました。男性陣には興味のない「ル・クルーゼ」に寄ってもらと、店頭で卓上電気コンロの上にグリルパンを置いてチキンを焼いておりました。クリームがかったイエローとスカイブルーのシリーズが安くなっていたのですが、「買って、買って~」とも言えずにいたら、S家ではチキンを焼いてるグリルパンに目をつけ、「買う。おまえんちは?」と言われたので、「か、買います」と流されるままお買い上げ。
c0058396_844581.jpg
  画像にはない「黒」をだんなくんと見事意見一致でご購入。$49でした。



その後、サマセットモールに移動。研修くんもちょろちょろと買い物し、本日のメインイベント(S氏曰く)デトロイトダウンタウンへGO。少し前にエミネムの友達が射殺されたクラブのあるデトロイトダウンタウン。アフリカンアメリカンが80%以上を占める全米屈指の犯罪都市です。

でも、その一角にギリシャ系移民の町「グリークタウン」があります。「地球の歩き方」にも、デトロイトダウンタウンで唯一、遅くまで灯りのともるところ。と紹介されている場所。興味はあったものの、ビビリの我が家では近づくわけもなかったのですが、S家では、訪問者があると時々出没していると。研修くんに混ざって、我が家もグリークタウン初体験してきました。

残念ながら、写真はありませんので、あしからず。
噂どおり、わずかな一角ではありますが、にぎやかな雰囲気で、土曜日ということも手伝ってか多くの通行人がいました。ダウンタウンで人が歩いてる!それだけで、驚いてしまいます。

夕食はギリシャ料理。通称「OPA!」と呼ばれる、火が出る料理(チーズにブランデーかなんかがかかってて、目の前で火をつけて、オッサンが「オーパ!」って叫ぶ)を2つ頼み、あとは3皿を5人でシェア。まずくはなかったけど、おいしくもない・・・きっと、アメリカナイズドされたグリーク料理なのよね・・・ってことで話はまとまりました。

カジノもあって、大盛況!カナダへ行かなくても、グリークタウンでカジノができるんだ~と知る。と言っても、カジノは子どもの入場は禁止。ってことで、やっぱり行くことはないだろう。

帰りに、デトロイトタイガースの本拠地であるスタジアムの前を通って、「やばい」雰囲気を堪能。車内、「こえぇぇえ」の連発の中、高速に乗って岐路につきました。
自分たちだけでは、「絶対」ダウンタウン観光はしないであろう、我が家。
研修くんに感謝であります。
[PR]
by nanoco_note | 2006-04-25 08:26 | 旅行